お知らせ

今という瞬間を生きる「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」の意味とは?

こんにちは。
大阪市浪速区にある真宗佛光寺派の「超願寺」です。


お寺というと先祖供養だとお思いの方も多いですが
本来、仏教を知りたいという想いに応える根本道場でもあります。


堅苦しくならず、わかりやすくお伝えできればと思っておりますので
どうぞよろしくお願いいたします。


「本来無一物(ほんらいむいちもつ)」。


これはとても有名な言葉です。
人間は、この世に生まれてくるとき
何一つ持っておらず、丸裸の状態で生まれてきます。
その心も、真っ白な状態で生まれてくるのです。


ところが、大人になっていくにつれて
いろいろなものを身に着けていきます。
知識や共用ばかりではなく
欲望や執着心を身にまとっていく。


物欲は限りなく膨らんで
たくさんのものを手にしていく。


しかし、それらを持って
あの世に旅立つことは誰にもできません。


生まれたときに「無一物」であるように
死ぬ時も、また「無一物」に帰っていくのです。


何かを手に入れることは決して悪いことではありません。
手に入れたものに執着することが
ときに、自分の心を苦しめることを知ってください。


全ての欲望や執着心をなくすことはできませんが
人間は本来何も持っていないことを意識することはできます。
それを意識するだけでも、欲望や執着心は
薄皮のように剥がれていくはずです。


当院へのお問い合わせはこちらから

NEWS