動画一覧

  • TOP
  • 動画一覧

動画一覧

令和4年盂蘭盆会法要

毎年、お盆は門徒さんのお宅にお参りするだけでしたが、お寺でも法要を勤めました。もっとも、まだまだコロナ禍、基本的にはどなたにもご案内せず、オンライン配信のみで行いました。配信用に録画したものを公開いたします。

京街道を歩いて本山へ行こう!(第4回)

 京街道を歩くシリーズも4回目。枚方市駅を出発し、石清水八幡宮までをご紹介。

京街道を歩いて本山へ行こう!(第3回)

京街道を歩いて本山へ向かう準備企画第3回。今回は、大日駅をスタートして、枚方市駅までの約10キロの行程をご紹介。
写真と文章でのご紹介は、こちら。https://choganji.jp/blog/3084/

京橋から守口へ

「京街道を歩いて本山へ行こう!」企画の準備企画第2弾。京橋をスタートし、守口までのウォーキング記録です。
写真と文章でのご紹介は、こちら。https://choganji.jp/blog/3042/

京街道を経て京都の本山へ向かう第一歩

 今のように交通の便も発達していなかった頃、大阪の人が京都に向かうには歩くしかなかったはずです。本山に参詣したい場合も然り。ということで、準備として、第一歩を踏み出しました。以前も6回に分けて歩いたことがありますが、少し間が開きましたので、道順の確認なども兼ねて、再度歩きます。今日は、難波のお寺から京橋(京街道の旧始発点)までです。
写真と文章でのご紹介は、こちら。https://choganji.jp/blog/3013/

ご本尊のご紹介

 当寺ご本尊のご紹介です。古いだけの価値といえばそうなのですが、第二次世界大戦など様々な戦禍・災害を免れて今日まで受け継いできた、当寺にとっては何ものにも替え難いものです。

小樽と住職

 当寺堂内壁面は、小樽のポスターで埋め尽くされています。堂外にも通行者の方から見えるよう、貼り出しております。
 なかなか旅行に出かけるのもままならない状況ですが、もうすぐ収束してくれることを願いつつ、旅愁をかき立てるポスター。
 お近くにお寄りの際は、ご覧ください。

令和4年春法要法話

 3月13日、春法要を厳修いたしました。当日お話しした内容を少しまとめて、改めて録画しましたので(ライブ配信の録画ではありません)、よろしければご覧ください。前置きの部分、戦争の話などありますが、8分くらいから念仏のお話になっていきます。

三誓偈勤行と簡単な解説

三誓偈をお勤めした後、ごく簡単に解説をしています。三誓偈は、真宗ではよく用いられるお経の一つです。

日常勤行のご紹介

動画は、日常的に行う勤行の様子です。檀家さん(ご門徒さん)のお宅に月命日のお参りに伺うときも、この形式です。世間話などして大体30分ほどが目安です。

仏説阿弥陀経(浄土真宗の根本聖典の一つ)+短念仏(なまんだぶを数回)+和讃(親鸞聖人作の和歌のようなもの)+回向(願以)

年忌法要など節目節目の大きな法要の際は、以下のような作法で行います。

伽陀(今から法要を始めます、諸仏皆様お集まりください、という内容)+表白(法要の趣旨を述べる)+お経(阿弥陀経のほか、正信偈や他のお経の場合も)+短念仏+和讃+回向+法話

法話も含めて45分〜1時間が目安ですが、ご依頼に応じて長くも短くもできます。

I just called to say I love you (アカペラ)

スティービーワンダーの名曲を、住職が歌います。

お焼香の作法

 お焼香の作法と、お線香について、簡単に解説しています。

修正会厳修

今年1年が良い年になりますようにとの願いを込めたお勤めです。宗派的には祈祷するということではなく、あくまで人間としてのささやかな願いです。世の中安穏なれ。

真宗宗歌

真宗各派協和会(現真宗教団連合)の作定によるものです。すでにたくさんの動画が公開されていますが、私も歌ってみました。

恩徳讃(新)

親鸞聖人の和讃の中でも特に重視されているものです。報恩講の際などに門信徒一同で唱和できるよう、作曲されています。この、長調のものが新譜と呼ばれています。みなさんは、旧譜と新譜、どちらが好みですか?

恩徳讃(旧)

親鸞聖人の和讃の中でも特に重視されているものです。そのため、報恩講などのときに門信徒一同声を合わせて歌えるように作曲されています。この、単調のものが旧譜と呼ばれます。

寺報刊行連動企画第1回

親鸞聖人和讃「南無阿弥陀仏をとなふれば 堅牢地祇は尊敬す…」の解説をしています。

親鸞聖人和讃「南無阿弥陀仏をとなふれば 堅牢地祇は尊敬す…」

寺報刊行連動企画第1回。親鸞聖人の和讃を読誦します。

第1回ごあいさつ

超願寺チャンネル開設第1回、簡単な超願寺のご紹介です。

千の風になって(アカペラ)

 超願寺チャンネル開設しました。住職が歌います。